ヤフオクに出品中です。

Windows11 のスペック確認方法

Windows11 スペックチェックウインドウズ
この記事は約3分で読めます。

Windows11 が2021年10月5日より提供開始となりました。

Windows 11 がインストールされた PC が販売されるとともに、Windows 11 の無償アップグレードが、要件を満たす Windows 10搭載パソコンに段階的に提供されます。

現在利用している PC が Windows11 の無償アップグレードに対応しているか、チェックツールで確認してみます。

Windows11 無償アップグレードの方法

下記ページから PC 正常性チェック アプリをダウンロードして、現在利用しているパソコンが Windows 11 を実行できるかを確認します。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しく登場する Windows 11 の概要と、リリースまでに準備する方法をご覧ください。新機能について知り、互換性をチェックして、最新の Windows OS へのアップグレード方法をご確認ください。

ページを下にスクロールすると「互換性の確認」があるので、[PC 正常性チェック アプリのダウンロード]をクリックしてアプリをダウンロードします。

Windows11 PC 正常性チェック アプリのダウンロード

PC 正常性チェック アプリ を起動して Windows11 の要件を満たしているか確認します。

残念でした。「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」が表示されました。

Windows11 このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません

プロセッサが対応していないので致命的です。まぁ、よく Windows10 まで対応できたと思うべきかな。

Core2Quadが現役です
Core2Quad の現役情報。とバージョンアップの軌跡。時代遅れでも楽しく安く便利に古いパソコンを活用する方法です。スマホやタブレットの普及で一気に利用機会が減ったのでさらに寿命が長くなるパソコン。ゲームをしない限り高機能はいらないかも。

Windows11 スペック確認

システムの最小要件を見る限りはハードル低めの設定で現在稼働している程度のパソコンならクリアできそうです。

Windows11 システムの最小要件

  • プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
  • メモリ:4 GB RAM
  • ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
  • システム:ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応。
  • TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0。
  • グラフィックス カード:DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応。
  • ディスプレイ:対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ。

しかし、対応するプロセッサ(CPU)が Intel だとだいたい第8世代以降でハードルは高めでした。

Windows のプロセッサの要件
この仕様では、Windows 製品を含むカスタマー システム (カスタム イメージを含む) で使用できるプロセッサについて詳しく説明します。

中古パソコンを購入して Windows11 を利用したい場合は、上記から要件を満たす CPU か確認してください。

まとめ

Windows11 の無償アップグレードに対応できるのかスペック確認方法でした。

CPU の要件の高さからアップグレードはできませんが、Windows10のサポート終了は2025年10月14日まであるので対応する時間はたっぷりあります。

最近はOSの選択肢も増えてきたので、古いパソコンを有効利用できるOSをインストールするのも楽しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました