Windows10アップデートで不具合アップデートさせない

ウインドウズ

windowsのアップデートでこれまで、それほど大ダメージを受けた記憶はないんですが、今回windows10にて、microsoft大丈夫か?ってくらいのを頂きました。

今後もあると面倒なんで、windows update の自動更新を不具合がでて修正が終わったくらいで更新するように変更します。

windows10proで変更しました

画面左下のスタートボタンスタートボタン、設定設定をクリック
スタート 設定
更新とセキュリティをクリック
更新とセキュリティ
左側の [Windows Update] をクリック
[詳細オプション] をクリック
アップデート詳細オプション
[半期チャネル(ターゲット指定)] を [半期チャネル]に変更します。
半期チャンネル

これで、大型アップデートが現在の設定より4ヶ月後に更新されるようになります。

最初からこの設定だと良いのですが、この4ヶ月間に一般ユーザーでモニター?人柱?して不具合を検証しています。

そして、4ヶ月経った安心バージョンで企業がバージョンアップって流れのように思います。

あと、同ページで細かな設定も可能ですが、品質更新プログラムはセキュリティに関するアップデートなので、期間は取らない方が良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする