Windows.oldフォルダを削除

ウインドウズウインドウズ
この記事は約2分で読めます。

windows10でバージョンアップ後に作成されるWindows.oldフォルダ。

意外と容量が多く、ウィンドウズタブレットでバージョンアップ後にクローンを作るのには邪魔なので削除します。

スタートボタンから削除

スタートボタンからディスククリーンアップ

  1. スタートボタンをクリック
  2. Windows 管理ツールをクリック
  3. ディスククリーンアップをクリック

ディスクのクリーンアップ ドライブの選択

ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択画面がでるので、ドライブを選択します。

たいていはCドライブだと思います。

システムファイルのクリーンアップ

この時点ではwindows.oldは出ていませんので、[システムファイルのクリーンアップ]をクリックして[OK]をクリック

windowsoldフォルダの削除

[以前のWindows のインストール]をチェックして[OK]をクリック

これで、windows.oldフォルダ(以前のWindows のインストール)の削除が完了です。

エクスプローラーから削除

エクスプローラーからディスククリーンアップ

  1. エクスプローラーのPC
  2. Cドライブを右クリック
  3. Cドライブのプロパティから[ディスククリーンアップ(D)]をクリック

プロパティとは属性や性質などの意味

システムファイルのクリーンアップ

この時点ではwindows.oldは出ていませんので、[システムファイルのクリーンアップ]をクリックして[OK]をクリック

windowsoldフォルダの削除

[以前のWindows のインストール]をチェックして[OK]をクリック

これで、windows.oldフォルダ(以前のWindows のインストール)の削除が完了です。

windowsoldフォルダは通常なら放っておいても30日程度で自動に削除されますので、容量に余裕があれば、万が一のために置いておくのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました