ヤフオクに出品中です。

未割り当て領域を結合して拡張する方法

未割り当て領域をCドライブに結合ウインドウズ
この記事は約4分で読めます。

SSDの管理ソフトSamsung Magicianをバージョンアップしたら、Over Provisioning が解除され未割り当て領域ができたので、未割り当て領域を操作します。

未割り当て領域にパーティションを作る方法

[スタート]ボタンを右クリックするとメニューが伸びるので[ディスクの管理]をクリック。

ディスクの管理呼び出し

未割り当て領域を右クリックしてメニューから[新しいシンプルボリューム]をクリック。

新しいシンプルボリューム

新しいシンプル ボリューム ウィザードの開始が表示されるので[次へ]をクリック。

新しいシンプル ボリューム ウィザードの開始

シンプル ボリュームサイズの指定をして[次へ]をクリック。

シンプル ボリュームサイズの指定

ドライブ文字またはパスの割り当てを設定して[次へ]をクリック。

ディスクの管理 ドライブ文字またはパスの割り当てを設定

パーティションのフォーマットを設定して[次へ]をクリック。

今回はフォーマットしないので[このボリュームをフォマットしない]を選択。

ディスクの管理 パーティションのフォーマットを設定

新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了が表示されるので設定を確認して[完了]をクリックしてウェザードを閉じます。

ディスクの管理 新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了

 

フォーマットを促すメッセージが表示された場合は[キャンセル]します。

ディスクの管理 フォーマットのキャンセル

パーティションの作成が完了しました。

ディスクの管理 パーティションの作成が完了

ドライブを未割り当て領域に設定する方法

例としてFドライブを利用します

ディスクの管理を起動します。

ディスクの管理を起動

Fドライブを右クリックして[ボリュームの削除]をクリック。

ディスクの管理 ボリュームの削除

警告が出る場合がありますが[はい]を選択して続行してください。

ディスクの管理 警告

Fドライブが空き領域になりました。

ディスクの管理 ドライブが空き領域

空き領域を右クリックして[パーティションの削除]をクリック。

ディスクの管理 パーティションの削除

警告が出る場合がありますが[はい]を選択して続行してください。

ディスクの管理 警告

空き領域が未割り当て領域になりました。

ディスクの管理 未割り当て領域

未割り当て領域を結合する方法

ディスクの管理からCドライブと未割り当て領域を結合する条件

Cドライブの隣接した右に未割り当て領域がないと結合することができません。

回復パーティションが邪魔なので移動します。

ベーシック ボリュームを拡張する
Windows の既存のボリュームに領域を追加して、ドライブ上の空き領域に拡張することができます。ただし、空き領域にボリュームがなく (未割り当て)、間に他のボリュームがなく、拡張するボリュームのすぐ後にある場合に限ります。 この記事では、その方法について説明します。

AOMEI Partition Assistant Standard Edition

回復パーティションの移動はディスクの管理ではできないので、AOMEI Partition Assistant Standard Edition を利用しました。無料ソフトなので安心してください。

AOMEI Partition Assistant Standard Editionの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
パーティションサイズの調整や分割・結合も可能な無料のディスク管理ソフト
起動ディスクから設定したため画像がありません。
  1. 移動したいパーティション(後ろに未割り当て領域がある)を右クリックして、[パーティションを移動]をクリック。
  2. パーティションを移動する画面で、選択したパーティションをマウスでつかんで移動します。パーティションを一番右にドラッグしたあとにパーティションを移動[はい] をクリック。
  3. 左上の[適用]をクリックすると、パーティションの移動が確定します。
AOMEI Partition Assistantでパーティションを移動する方法
パーティションをどのように移動しますか?AOMEI Partition Assistantは、ディスクの管理にはないパーティション移動機能を持っています。

無事に回復パーティションの末尾へ移動が完了したのでCドライブと未割り当て領域を結合します。

Cドライブと未割り当て領域を結合

ディスクの管理を起動します。

ディスクの管理 Cドライブと未割り当て領域を結合

ディスクの管理でCドライブを右クリックして[ボリュームの拡張]をクリック。

ディスクの管理 ボリュームの拡張

ボリュームの拡張ウィザードの開始が開くので[次へ]をクリック。

ディスクの管理 ボリュームの拡張ウィザードの開始

ディスクの選択画面が開きます。拡張する容量を指定して[次へ]をクリック。

ディスクの管理 拡張する容量を指定

ボリュームの拡張ウィザードの完了画面が開いたら[完了]をクリックします。

ディスクの管理 ボリュームの拡張ウィザードの完了

未割り当て領域が、Cドライブに結合されて一つになりました。

ディスクの管理 未割り当て領域が、Cドライブに結合

まとめ

ディスクの管理を利用した未割り当て領域の操作でした。

できるだけ Windows標準機能のディスク管理を利用しましたが、今回利用した AOMEI Partition Assistant Standard Edition からディスク管理からできる全ての操作が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました