お得な入会キャンペーンいろいろ
PR

HDAT2 の使い方

HDAT2 でハードディスクの不良セクタを修復する方法です。 ソフトウェア
この記事は約7分で読めます。

HDAT2 で不良セクタを修復する方法です。

HDAT2 とは

無料で使えるフリーウェアで、機能は多くハードディスクをテスト・診断・修復できます。

ATA / ATAPI / SATA 接続の、NVMe、SSD、および SCSI / USB デバイスのテストまたは診断用のプログラムです。

このプログラムは、Windows では DOS モードで実行できません。実際の DOS システムでのみ実行できます。

例外は、プログラムのデモ版です。

DOS ブート USB、フロッピー ディスク、または CD/DVD を作成し、システムをブートして、その USB、フロッピー ディスク、または CD-ROM からこのプログラムを実行する必要があります。

HDAT2 プログラムには 2 つのレベルがあります。

デバイスのテスト

  • 主な機能は、検出されたデバイスの不良セクタのテストと修復 (再生成) です
  • 検出されたデバイスに関する多くの情報を取得します

ファイル システムのテスト

  • ファイル システム FAT12/16/32 のアイテム (MBR、ブート、ディレクトリなど) の読み取り/検索/チェック
  • FAT テーブルの不良セクタ レコード、フラグのチェック/削除 (再生成)

特徴

  • 完全に実装されたコマンド: SET MAX、SET SECURITY、Device Configuration Overlay (DCO)など
  • 割り込み 13h によるデバイス アクセス、ATA/AHCI ポートを介した直接、ASPI ドライバーを使用
  • オンボードおよびアドオン コントローラーを搭載したATA/ATAPI/SATA/NVMeデバイスを検出
  • AHCIおよび一部のRAIDコントローラ上のデバイスを検出します
  • USB ASPI ドライバーまたは BIOS (サポートされている場合) を介してUSBデバイスを検出します。
  • BIOS割り込み13hまたはASPIドライバーを介してSCSIハードドライブを検出します
  • その他の SCSI デバイスは、ASPI ドライバーのみを介して検出されます (事前にロードする必要があります)。
  • ASPI ドライバーを使用すると、SCSI デバイスに関する詳細情報を取得できます。
  • 不良セクタのテストおよび修復デバイス
  • ハードドライブ用のさまざまなテスト機能
  • SET MAX ADDRESS/EXT(28/48 ビット LBA アドレッシング モードをサポート)をサポートする ATA/SATA ハード ドライブのサイズを変更します。
  • SCSI ディスクのサイズ変更とセクター サイズの変更
  • セキュリティ機能によるドライブ ロックの検出 (セキュリティ メニュー)
  • ATA/SATA、SCSI、および NVMe ドライブのみのSMART機能
  • デバイスに関する情報 (ATA/ATAPI、BIOS 割り込み 13h、ASPI、EDD)
  • デバイス用セクタ ビューア (USB、ZIP、CD データ ディスク用も)
  • ATA/SATA CD/DVD ドライブにアクセスするには、ドライバーや MSCDEX は必要ありません
    ダイレクト アクセス デバイスの一部の機能を有効/無効にする
  • デバイス構成オーバーレイ (DCO) 機能セット(全容量を復元するか、ハード ドライブの一部の機能セットを許可/禁止できます)
  • SATA/NVMe: 512e 論理セクター サイズと 4Kn の間で変換します (サポートされている場合)
HDAT2 - Description

HDAT2 で不良セクタを修復する方法

今回はBDレコーダーがシステムエラーを起こして起動できなくなったので、ハードディスクを修復します。

流れとしては、パソコンにハードディスクをシリアルATAでつなぎ、HDAT2 をパソコンで CDブートしてコマンドラインで操作します。

知識が必要なので、上記の説明で意味が分からない人はやめておいた方が良いです。

利用したのは「古いパソコン(SONY VAIO PCV-RZ52)」と「HDAT2」です。

ブルーレイレコーダーからハードディスクを外します。

BDZ-AT300S 分解完了

パソコンに復旧するハードディスクをつなぎます。

IDE SATA 変換アダプタを通して HDD をつなげましたが利用できました。

ダウンロード

HDAT2 を CDブートできるようにします。

HDAT2/CBL Hard Disk Repair Utility
HDAT2 is program for test or diagnostics of ATA/ATAPI/SATA, SSD, USB and SCSI devices.

左メニューの[Download]を選択すると、右カラムにバージョン一覧が並ぶので[HDAT2CD_LITE_74.ISO]をダウンロードします。

LITE バージョンを選ぶ理由は前述したとおり高機能なソフトなので、通常バージョンではいろいろできます。腕に覚えがあればいいですが、シンプルにハードディスクを修復する目的なら LITE を選択すれば迷うことなく利用できます。

HDAT2 ダウンロード方法

ダウンロードした ISOファイルからディスク書き込みソフトを使用して「ブートCD」を作りました。

パソコンにブートCDを挿入して起動します。

Rufusの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
さまざまなOSのディスクイメージから、起動可能なUSBメモリを作成できる

ドライバの選択画面が出たら選択して Enter ボタンを押します。

2. USB ASPI ドライバが必要なければ[1. No drivers (default).]を選択します。Time remaining(残り時間)が経過すると、デフォルトである[1. No drivers (default).]が自動で選択されます。

HDAT2 ドライバの選択

HDAT2が起動してコマンドラインに入りました。[HDAT2]と入力して Enter ボタンを押します。

HDAT2 起動

HDAT2が起動したら修復するハードディスクを選択して Enter を押します。

ハードディスクが認識しない場合

  • しっかりケーブルが刺さっているか確認
  • AHCI モードなら IDE モードにしてみる
  • 再起動で最初からやり直したら認識できたりする
HDAT2 ハードディスクの選択

メインメニューに入るので[Device tests menu(デバイステストメニュー)]を選択します。

HDAT2 テストメニュー

デバイステストメニューが開くので[Detect and fix bad sectors menu(不良セクタの検出と修正メニュー)]を選択します。

HDAT2 Detect and fix bad sectors menu

Detect and fix bad sectors menu が開いたら[Fix with VERIFY/WRITE/VERIFY(VERIFY/WRITE/VERIFYで修正)]を選択します。

「Fix with VERIFY/WRITE/VERIFY」は VERIFY で読み出しエラーのあるセクタを検出して、正常なセクタと置き換えてハードディスクを利用できるようにします。

「Fix with READ/WRITE/READ」は READ で読み込みエラーのあるセクタを検出して、正常なセクタと置き換えてハードディスクを利用できるようにします。書き込みによるデバイスへの負荷が大きいので最後の手段です。

HDAT2 Fix with VERIFY/WRITE/VERIFY

選択して Enter ボタンを押すと修復作業が開始されます。

最初の2時間ほどほぼ進まずで大丈夫かなと思いましたが、いきなりのバッドセクタの修復で時間がかかったようです。

エラーを見つけると鳴るビープ音がうるさい場合はショートカットキー CtrlS

HDAT2 バッドセクタの修復

バッドセクタは非常に時間がかかりますが、それ以外は高速です。

500GB のハードディスクで11時間ほどかかりました。赤いB部分がバッドセクタです。

HDAT2 11時間かかった

hdat2 終了方法

CD を抜いてパソコンの電源切れば良いだけです。

まとめ

HDAT2 でハードディスクを修復する方法でした。

本当は修復ではなく悪い部分を置き換えて、利用可能にしているだけです。なので、使えないハードディスクが利用可能になったら安心せず、使える間にデータを救出してください。

ソフトウェア
りゅうをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
りゅう

普段の疑問を解決した方法が中心で書きたいことをどんどん書いてます。

りゅうをフォローする
とは

コメント

  1. 田中 より:

    「ブータブルな .isoファイル」→「ブータブルなCD作成」 を手順にしていますが、Rufus フリーソフトを使い、「ブータブルなUSBメモリ作成」 を追記するとよいのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました