お得な入会キャンペーンいろいろ

WebP の変換方法

WebP をWindows 標準のペイントで変換する方法Google
この記事は約3分で読めます。

WebP をフリーソフトのインストール不要で変換する方法です。

WebP とは

WebP は、Google が開発している最新の画像形式で、ウェブ上の画像に対して優れたロスレスかつロスレスな圧縮を実現します。

メリット

WebP を利用するとリッチでサイズの小さい画像を作成できます。

  • JPEG 画像より少ない圧縮率
  • PNG 画像のように透明度をサポート
  • GIF 画像のように、アニメーション WebP 画像をサポート

上記の特性を保ちつつ、ファイルサイズは小さくできます。

デメリット

2010年の公表から2018年まで、Google Chrome 以外の主要ブラウザが対応しなかったので Web ページでの普及が遅れました。

2020年には、ほとんどの主要ブラウザが対応しています。

Google の検索結果にも影響がでるページ表示速度の高速化にも繋がる WebP は主流の画像形式になる可能性が高いです。

An image format for the Web  |  WebP  |  Google Developers
An image format for the Web.

WebP 変換方法

Windows 標準のペイントで WebP を JPEGなどの画像形式で保存できます。

デスクトップ画面の左下の [スタートボタン]スタートボタンから[W]内の[Windows アクセサリ]内[ペイント]をクリック。

ペイントの起動方法

ペイントが起動します。

左上の[ファイル]メニューを開き[開く]をクリックして保存している WebP 画像を開きます。

ペイント画面内にファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK

ペイント スクリーンショットを開く

WebP 画像が開いたら、左上の[ファイル]メニューを開き[名前を付けて保存]を選択して右メニューに表示された[好みの画像形式]を押します。

  • PNG 画像
  • JPEG 画像
  • BMP 画像
  • GIF 画像
  • その他の形式

WebP 画像を好みのファイル形式で保存

名前を付けて保存ダイアログボックスが開きます。ファイル名を指定して保存してください。

「ファイルの種類」のプルダウンから指定可能な全てのファイルの種類から選択できます。

  • モノクロビットマップ(*.bmp;*.dib)
  • 16色ビットマップ(*.bmp;*.dib)
  • 256色ビットマップ(*.bmp;*.dib)
  • 24ビットビットマップ(*.bmp;*.dib)
  • JPEG(*.jpg;*.jpeg;*.jpe;*.jfif)
  • GIF(*.gif)
  • TIFF(*.tif;*.tiff)
  • PNG(*.png)
  • HEIC(*.heic)

WebP 画像の変換するファイル形式を選択方法方法

Adobe Photoshop

Photoshop 23.2 以降では、Photoshop で WebP ファイル形式が完全にサポートされるようになりました。

Photoshop 23.1 およびそれ以前のバージョンでは WebPShop プラグインをダウンロードしてインストールすれば WebP ファイル形式を利用できるようになります。

Photoshop で WebP ファイル形式を簡単に操作できるようになりました。
Photoshop で WebP ファイル形式を簡単に操作できるようになりました。

まとめ

PNG や JPG を Webp へ変換したい場合は、「Webp 変換」で検索すれば、オンライン上で変換できるサイトが見つかります。

Google が推しているファイル形式なので普及する可能性が高く、Photoshop が完全対応してるように今後は各社ペイントソフトでの対応も進むと思います。

画像が多いサイトでは早く導入すれば、検索結果でライバルサイトに差がつけられる可能性があります。

Google
りゅうをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
りゅう

普段の疑問を解決した方法が中心で書きたいことをどんどん書いてます。

りゅうをフォローする
とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました