日本のニット職人が家族のために作ったまかないマスク

送信された URL に noindex タグが追加されていますの修正方法

Google Search Console noindexエラーGoogle
この記事は約3分で読めます。

件名「サイト https://tohaz.com/ で「カバレッジ」の問題が新たに 検出されました」とGoogle Search Consoleからエラーのお知らせがGmailに届いたので修正します。

エラーメール本文の内容です

Google Search Console カバレッジの問題メール

送信された URL に noindex タグが追加されています

Google Search Consoleに送信しているサイトマップファイルにnoindexタグを指定してるファイルがあるよ。ってこと。

なぜ、noindexタグがエラーになるかというと

Google Search Consoleからすると、グーグルの検索に入れて欲しいページはサイトマップで知らせてね。ってシステムなのに、noindexタグ(グーグル検索に入れないでくださいタグ)を入れたページをわざわざ教えてくれなくてもいいですよ。というエラー(お知らせ)です。

このエラーは特に放っておいても問題ないですが、エラーはないのが気持ちいいんでエラーが出ないように修正します。

XML Sitemapを修正する

WordPress管理画面左カラムの[設定]内メニューの[XML Sitemap]をクリック

Google Search Console XML Sitemap

XML Sitemap管理画面の[基本的な設定]内[HTML形式でのサイトマップを含める]のチェックを外します。

XML SitemapのHTML形式でのサイトマップを含める

これで、ワードプレスのプラグイン側の修正は完了しました。

Google Search Consoleに修正を連絡する

Google Search Console側は放っておいても次回確認でエラーはなくなりますが、こちらから直しましたよ。と伝えてみましょう。

Google Search Console
  1. Google Search Console左カラム[インデックス]内[カバレッジ]
  2. 右カラム[詳細]内[エラー 送信された URL に noindex タグが追加されています]をクリック

Google Search Console エラー 送信された URL に noindex タグが追加されています

[修正を検証]ボタンをクリック

Google Search Console 修正を検証

Google Search Consoleに修正の連絡が完了しました。

修正後、Gmailに件名:「カバレッジ」の問題の修正を検証しています (対象サイト: https://tohaz.com/)が届きました。

Google Search Console 「カバレッジ」の問題の修正を検証しています

「検証には数日かかることがございます。処理が完了し次第お知らせいたします。」だそうです。

サイト(https://tohaz.com/)に関する「カバレッジ」の問題が修正されました

Google Search Consoleに修正を連絡した6日後に修正が完了したメールが届きました。

サイトに関する「カバレッジ」の問題が修正されました

修正方法が間違っていないことを確認できたので事後連絡です。

まとめ

[送信された URL に noindex タグが追加されています]と言われても、XML Sitemapプラグインがはき出した場合が多いと思うので戸惑うかと思います。

このエラーについては、気にならない方は放っておいてもOK、気になる方は[XML Sitemap]の[HTML形式でのサイトマップを含める]のチェックを外しましょう。

グーグルサーチコンソールでもワードプレスのサイトヘルスステータスでもエラーはゼロが気持ちいいですよね。

直らなくて自身で放置しても良いエラーは「無視する」でエラーを表示しないようにできるようになるといいのになぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました