組織によって管理されています

組織によって管理されています

google chromeで「組織によって管理されています」の解除方法。

以前に一度でたことがあるんですが、今回2回目なんで自分への備忘録で書いておきます。


勝手に管理してるん誰やって原因の答えは、ソースネクストのウイルスセキュリティー0でした。

こちらは信頼しているので、K7 WebProtectionのアンインストールはしませんが、「組織によって管理されています」は管理させません。


グーグルクロームのアドレスバーに「chrome://policy」でenter

ExtensionInstallSources が適用されています。

ExtensionInstallSourcesの削除

レジストリの削除します。
レジストリエディターは修正前に保存しておくとより安心です。

windows + r

ファイル名を指定して実行が出てくるんで [regedit] を記入で、[OK] をクリック

レジストリ

レジストリエディターを呼び出す

windows10でのレジストリエディターの呼び出し方。スタートボタンとショートカットキー、検索からの3種類書いておきます。registryを修正や削除する前には保存しておくとより安心です。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Google\Chrome内にある

[ExtensionInstallSources] 右クリックから削除して完了。


chromeを再起動すると、「組織によって管理されています」がなくなっています。

今回は応急処置なんでこれぐらいで、まだ繰り返し出るようなら対応しようと思います。

3回目が出現したんで削除

前回から4ヶ月程でまた、「組織によって管理されています」が出てきたんで削除します。

ExtensionInstallForcelist

まずは、「ExtensionInstallForcelist」のレジストリ削除。

クロームを再起動しても「組織によって管理されています」は消えていません。

さらに、「ExtensionInstallWhitelist」の削除。

クロームを再起動すると「組織によって管理されています」が消えてました。

この備忘録のおかげで迷わず出来たんで大変良かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする