ヤフオクに出品中です。

L336 リモコンの設定方法

L336学習リモコン の使い方レビュー
この記事は約4分で読めます。

最近、リモコンはアレクサリモコンで「アレクサ、電気消して」なんて音声操作しています。

オリジナルのリモコンも詳細操作で必要ですが、ひとつの学習リモコンに家電の電源やよく使うボタンをまとめて記録しておくと便利です。

次回新しいデバイスのリモコンを登録するときに設定方法を忘れてると思うんで、学習リモコンの使い方を記録しておきます。

L336ユニバーサルTVリモコン

アマゾンで購入したL336リモコンを利用します。

Amazon.co.jp

Amazonでいろんな会社や値段で販売されていますが、上記で購入したL336リモコンは特に問題なく利用できています。

L336とは

L336は最大3台分の機器のリモコンを1台にまとめられる学習リモコンです。

  • ファーストコードの配置方法を採用し、オリジナルのIRリモコンから機能をコピーすることができます。
  • 手に快適にフィットし、操作しやすい洗練されたハンドヘルドデザインで、大きなボタンにも色分けされたテキストが表示されます。
  • 対応:TV、SAT、DVD、CBL 電源:単四電池2本で駆動(電池含まれません)。
  • 材質:ABS サイズ:186x49x27mm カラー:ブラック 重量:66g

L336 リモコンの説明書

同梱していたL336のマニュアルです。

L336 リモコン 説明書

L336 リモコンの設定方法

今回は例として、「L336」の[TV]デバイスの[POWER]ボタンに、「元のリモコン」の[電源]ボタンを学習します。

説明書の方法では学習できなかったので、実地で学習できた設定方法です。

1.L336と学習させたいお持ちのリモコンを赤外線送信ランプが向かい合わせになるように1~3cmの距離で置きます。

L336リモコン 学習手順1

2.L336の左上の青ボタン[TV][SAT][DVD]から学習するデバイスのボタンを選択して、約3秒間押し続けます。

L336リモコン 学習手順2

3.表示ランプが点灯したらボタンを放します。

L336リモコン 学習手順3

4.L336で学習するボタンを押します。

L336リモコン 学習手順4

5.L336の表示ランプが点滅します。

L336リモコン 学習手順5

6.元のリモコンで学習させるボタンを押します。

L336 学習手順6

7.表示ランプが素早く点滅後点灯するとボタンの記録が完了です。(その後しばらくすると消灯します)

L336 学習手順7

8.このデバイスの他のボタンを学習する必要がある場合は、手順7の表示ランプが点灯中に、手順4に戻って学習を繰り返します。

9.L336の左上の青ボタン[TV][SAT][DVD]から学習させたデバイスのボタンを押すと表示ランプが消灯し、L336リモコンの学習が終了します。(または、しばらく放置して点滅が終了するとリモコンの学習が完了です。)

学習しない不良品に当たったとき

1台目が良かったので2台目を購入して学習したところ、記録する時の受信感度が悪く学習が難しいはずれL336に当たりました。

返品も考えましたが、送信側の赤外線をいろんな角度から当てると良い角度が見つかり、その角度なら連続学習もできました。

学習できればリモコンの送信に問題は無いので、学習しないときには「送信側の赤外線の位置を数ミリずらして」良い位置が見つかるまで試してください。

L336リモコンの複製方法

L336リモコンが複数ある場合、完全に習得したリモコンの内容を他のL336リモコンに複製できます。

  • A:完全に習得したL336リモコン。A送信リモコンとします。
  • B:Aリモコンを複製するL336リモコン。B受信リモコンとします。

1.A送信リモコンとB受信リモコンを赤外線送信ランプが向かい合わせになるように1~3cmの距離で置きます。

L336リモコン 複製手順1

2,B受信リモコンの左上の青ボタン[TV][SAT][DVD]から学習するデバイスのボタンを選択して[CH -]ボタンを同時に押します。ボタンを放すと表示ランプが点滅し、学習受信状態になります。

L336リモコン 複製手順2

3.A送信リモコンの左上の青ボタン[TV][SAT][DVD]から学習するデバイスのボタンを選択して[CH +]ボタンを同時に押すと、表示ランプが消灯するまで3回すばやく点滅します。(リモコンがすべての信号を正常に送信したことを意味します)

L336リモコン 複製手順3

A送信リモコンからB受信リモコンへデバイスの複製が完了しました。

L336リモコンの壁掛け

アマゾンのEcho Showでリモコンを音声操作していると、電気を壁スイッチで切れません。

次に部屋に入って「アレクサ、電気つけて」といっても元から切れていると操作ができないから。

ということで、電気、テレビ、扇風機など一通りの電源入切と主要な操作を記憶させたL336リモコンを壁掛けしています。

L336リモコンラック

リモコンラックは100均でもありますが、リモコンと一緒にアマゾンで頼みました。

Amazon.co.jp

SSサイズが出し入れしやすいちょうど良い大きさです。

背面にマグネットが付いているリモコンホルダーはペンなどの小物入れとしても、冷蔵庫の扉などスチール面にそのまま貼付けることができるので便利です。

まとめ

L336リモコンの設定方法を迷わないように詳細に記載しました。

ただし、購入店によってはCHUNGHOPが製造していないL336リモコンの粗悪品やコピー品があるので、挙動や登録方法は参考程度でお願いします。

学習リモコンがこのお値段で購入できると助かります。

複数個購入して各部屋のリモコンのよく使うボタンを記憶させて、電気、テレビ、とピッピッと点けていくのは便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました