ヤフオクに出品中です。

TaskerとFRepの連携方法

TaskerとFRepの連携方法スマホ
この記事は約2分で読めます。

FRepの再生をTaskerから実行する方法です。

FRepはアンロックキーを導入することで、Taskerプラグインを利用したTaskを設定できます。

Taskerの検出する様々なイベントに応じてFRepの再生をトリガすることができます。

Taskerとは

Android端末を自動化するアプリ。

Taskerアプリを導入したAndroid端末は同じ作業の繰り返しから解放されます。

有料ですがお金を払う価値のあるアプリです。

Tasker - Google Play のアプリ
設定から音声への写真は、SMSに至るまでを自動化します。 ADC2の受賞者。

FRepとは

タッチやキー操作を記録・再生・編集・繰り返し再生するアプリ。

連携するとTaskerができない物理操作の利用が可能になります。

FRepの使い方
Androidでタッチ操作などを記録して自動実行できるFRepアプリの使い方です。参考にすると導入から記録まで理解できるので面倒な繰り返し作業をFRepにまかせることができます。FRepの再生をTaskerから実行する方法まで網羅しています。

Taskerプラグインの設定方法

Taskerから実行したい再生内容は、あらかじめFRepで記録しておきます。

Taskerを起動して、[タスク]タブで[+]をタップ。

既存のタスクをタップして編集してもOK

Tasker タスクを追加

適当な名前を入力して[確定]をタップ。

例では名前を「ふれっぷ」としました。

Tasker taskの命名

タスク編集画面で[+]をタップ。

Tasker タスク編集画面

アクションのカテゴリー画面が開くので[プラグイン]をタップ。

Tasker プラグイン

アクションプラグイン画面が開くので[FRep]をタップ。

Tasker アクションプラグイン画面でFRep

アクション編集画面が開くので[設定]右の[ペン]アイコンをタップ。

Tasker アクション編集

FRep記録の管理リストから、Taskerで実行したい再生内容をタップ。

FRep記録の管理リストから、Taskerで実行したい再生内容

設定が完了したのでアクション編集画面左上の[戻る]ボタンをタップ。

Tasker FRep設定の完了

タスク編集画面で、リストにFRepショートカット項目が追加されていることを確認できれば完了です。

左上の[戻る]ボタンをタップするとタスク一覧画面に移動します。

Tasker FRepショートカット項目が追加

作成したTaskはProfilesタブで設定したイベントに応じて呼び出すことができます。

Tasker プロファイルで利用できる

まとめ

TaskerとFRep(Unlock key)は有料ですが、とても便利なんでPlayストアで特典をもらえた時にでも手に入れてください。

TaskerとFRepを連携すれば、タッチなど物理操作の繰り返しが可能になるので、サイトによってはポイントやクーポンの獲得、ゲームのレベル上げなどに威力を発揮します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました