ヤフオクに出品中です。

FRepの使い方

Androidでタッチ操作などを記録して自動実行できるFRepアプリの使い方です。スマホ
この記事は約8分で読めます。

Androidでタッチ操作などを記録して自動実行できるFRepアプリの使い方です。

数工程をまとめて操作できるようになるので同じ作業の繰り返しに利用して効率よく作業を進めましょう。

FRepアプリとは

操作再現ツールFRepは、 Finger Replayerの略です。

Androidへの入力操作を記録して再生できるので、ルーチンワークやアナログ操作を自動化することができます。

FRep導入

Root未取得端末利用なので、Androidを再起動のたびに再設定が必要です。

Androidの機種やバージョンによって説明と差異がでますが、参考程度でお願いします。

Windowsの設定

設定するためにFRep 設定ツール(Windows) が必要です。

FRep 設定ツール(Windows) « FRepサポート

FRep_win_ja.zipダウンロードをクリックします。

FRep 設定ツールをダウンロードする

解凍してデスクトップなどわかりやすいところに保存して利用してください。

FRep 解凍して利用します

Androidの設定

FRepをインストールします。

FRep - Finger Replayer - Google Play のアプリ
何度も同じ操作をしていませんか?FRepで「指の動き」を再生しましょう。
検証端末:Xperia XZ2 Premium(SOV38)Android10

USBデバッグをオンにする

Androidのホーム画面、もしくはアプリ一覧から[設定]をタップ

設定アイコンを選択

[システム]をタップ。

FRep システム

[開発者向けオプション]をタップ。

[詳細設定]が閉じている場合は開いた中にあります。

FRep 開発者向けオプション

[USBデバッグ]をタップして[ON]にします。

USBデバッグを許可しますか?画面が表示されたら[OK]をタップ。

FRep USBデバッグをオン

 

開発者オプションがない場合

開発者オプションを表示する方法。

設定画面の[デバイス情報]をタップ。

FRep デバイス情報

デバイス情報画面で[ビルド番号]を数回タップ。

Xperia では[ビルド番号]を7回タップ後「ロックNo.の再入力」が完了するとデベロッパー(開発者)になれました。

FRep ビルド番号を複数回タップ

システム画面に[開発者向けオプション]が表示されます。

FRepユーザー補助サービスをONにする

[設定]画面から[ユーザー補助]をタップ。

FRep ユーザー補助

[FRepユーザー補助サービス]を[ON]にします。

FRepユーザー補助ツールをON

他のアプリの上に重ねて表示できるようにする

FRepを起動します。

[FRepの利用には他のアプリの上に表示を許可する必要があります(タップして開く)]が表示されている場合は設定するためにタップ。

FRepの利用には他のアプリの上に表示を許可する必要があります

FRepの他のアプリの上に重ねて表示画面で[他のアプリの上に重ねて表示できるようにする]をオンにします。

FRep 他のアプリの上に重ねて表示できるようにするをオン

Android端末でFRepの設定が完了しました。

FRepを設定する

Android端末でFRepを起動します。

Android端末をWindows端末にUSB接続します。

 

アクセスを許可しますか?画面が表示された場合は[拒否]をタップします。

FRep アクセスを許可しますか?画面が表示された場合は[拒否]

USB端子を抜いた後もFRep設定ツールの状態を維持するには

USB接続を維持した状態で、通知バーを下にスライドして[USBファイル転送モード ON]をタップ。

FRep USBファイル転送モード ON

USBの設定画面で[データ転送なし]にチェックを入れ替えます。

FRep USBの設定画面でデータ転送なしにチェック

Windows端末で先ほど用意したFRep 設定ツールで「win.bat」をクリックして実行します。

Android8以降はwin_alt.bat

FRep 設定ツール

Windows端末:FRep設定ツールが起動します。

Android機器に表示されているUSBデバッグを許可してからEnterキーを押してください。(中止はCtrl+C)

FRep Android機器に表示されているUSBデバッグを許可してからEnterキーを押してください

Android端末:「USBデバッグを許可しますか?」画面が表示されるので[許可]をタップ。

FRep USBデバッグを許可しますか?で許可する

Windows端末:Enterキーを押します。

2枚目のコマンドプロンプト画面が起動します。

Server Started.と表示されたら右上の[X]をクリックしてウインドウを閉じてください。

FRep Server Started.と表示されたら右上の[X]をクリックしてウインドウを閉じてください。

1枚目のコマンドプロンプト画面にバッチジョブを終了しますか?と表示されたらNキーを押してEnterキーで確定して、adbを終了してください。

FRep バッチジョブを終了しますか?でNキー

端末を安全に取り外す方法

Windows端末でタスクバー右下の[ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す]アイコンをクリック。

ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す

Android端末をクリックします。

端末をクリック

‘端末’はコンピューターから安全に取り外すことができます。と通知が出ると、USB端子を抜いても良い状態です。

端末はコンピューターから安全に取り外すことができます

FRep Unlock Key

FRepはアンロックキーを400円で購入してインストールすることによって多くの機能が解放されます。

アンロックキー(有料版)で解放される機能

  • 記録できる操作の数を無制限に
  • 記録した再生を実行するTaskerプラグイン(Task:再生を実行 / Event:再生終了を認識)を有効化
  • ショートカットに「ラベル名で再生項目を決定」オプションを追加
  • 再生時の通知アイコンを透明にするオプションを有効化 (デモンストレーション向け)
  • プログラム編集画面の再生ログおよび関連オプションを有効化
  • プログラムの編集にキー入力(キーボード操作)、スクリーンショット撮影、バイブレーションを追加
  • 誤動作防止ロックオプションを有効化
  • スキン選択機能を追加
  • (Android 4~) 操作パネル設定の撮影ボタン機能を有効化
  • (Android 4~) プログラムの編集画面にてコピー/貼り付け機能を利用可能に
ここから先の説明はアンロックキーを解放しています。

FRepの使い方

サービスの起動/停止

MAIN MENUの[サービスの起動/停止]ボタンで起動と停止を切り替えます。

FRep サービスの起動と停止

小型フローティングパネルの表示切替

パネル上ボタン[記録の選択]

上ボタンをタップ/フリックすることで再生する記録、または記録するための項目(rec)を選択できます。

ダブルタップすることでページが切り替わります。

フリック開始方向によって、横:正順/縦:逆順に表示されます

パネル下ボタン[記録/再生開始]

下ボタンをタップすると選択されている再生または記録を開始します。

ドラッグすることでパネル位置を変更することもできます。

記録を終了する場合や、再生を中断する場合は電源ボタンを押します。

FRep 小型フローティングパネルの表示切替

フローティングパネルの表示(非表示)

通知を下にスライドして[タップしてパネルを表示(隠す)]ボタンでフローティングパネルの表示を切り替えます。

FRep フローティングパネルの表示(非表示)

操作の記録

例として、AliExpressアプリの畑の水やりを自動化します。FRepで1回タップを記録して、10回タップを繰り返すプログラムを作ります。
AliExpressの購入方法
中国ショッピングサイトAliExpressの購入方法を迷わないように画像を多用して丁寧に説明しています。アリエクスプレスでは安くて日本では手に入れにくい商品も多数ありました。到着まで日数がかかることを許容できればお得なお買い物ができます。

フローティングパネル下ボタンの[記録]ボタンを押して記録を開始します。

FRep 記録を開始

[水]ボタンを1回タップ。

FRep 記録中

[電源]ボタンを押して記録を完了します。(画面が消灯します。)

再度[電源]ボタンを押して画面を表示すると、「記録完了」が通知されています。

FRep 記録完了

ロック解除等してアプリに戻ると、FRep 簡易設定画面が表示されているので、必要であれば設定して[保存]をタップして確定します。

  • ラベル:わかりやすい名前を付けておくと便利
  • 再生回数:記録した操作の繰り返し回数。今回は10回を記入。

FRep 簡易設定画面

フローティングパネル下ボタンの[再生]ボタンを押すと10回水やりを繰り返します。

FRep プログラム再生

うまく繰り返しできない場合の対処法

実は上記の方法では1回の水やりで止まってしまい、10回リピートすることができませんでした。

やり方は大きく間違っていないので回避方法を記載しておきます。

ベストな方法は他にあると思いますが参考程度でどうぞ。

FRepを起動します。

[記録の管理]ボタンをタップ。

FRep 記録の管理

先ほど記録した操作をタップ。

メニューが表示されるので[操作間隔の調整(プログラムの変換)]をタップ。

 

  • 表示/ラベル設定:プログラムの名前を編集します。
  • 再生/繰り返し設定:再生回数と繰り返しの挙動を編集します。
  • プレビュー:前もって操作を確認します
  • この項目を削除:プログラムを削除します

FRep 操作間隔の調整(プログラムの変換)

待機/操作時間を調整画面が表示されたら[キャンセル]をタップ。

FRep 待機操作時間を調整

右上の[メニュー]をタップします。

FRep メニュー

追加する項目を選択画面が開くので[待機]をタップ。

FRep 待機

余裕を持った待機時間を設定して[適用]ボタンをタップ。

今回の例では待機時間を5秒に設定。

FRep 待機時間を設定

[待機]を押さえた(つかんだ)状態で[ループ終了]の上に移動します。

FRep プログラムの順番を入れ替える

プログラム[No.0+]が完成しました。

FRep プログラムの完成

アプリに戻って確認します。

フローティングパネル上ボタンをタップして[No.0+]に切り替えて、下ボタン[再生]をタップします。

FRep プログラムの再生

無事に10回リピートすることができました。

プログラムが間違ってないのにうまく動作しないときは間に[待機]を入れるとうまくいく場合があります。
再生中に電源ボタンまたは割り込み操作を行うと再生を停止できます。

FRepの再生をTaskerから実行する方法

アンロックキーを導入することで、Taskerプラグインを利用したTaskを設定できます。

Taskerの検出する様々なイベントに応じてFRepの再生をトリガすることができます。

Taskerプラグインの設定方法

Taskerから実行したい再生内容は、あらかじめFRepで記録しておきます。

Taskerを起動して、[タスク]タブで[+]をタップ。

既存のタスクをタップして編集してもOK

Tasker タスクを追加

適当な名前を入力して[確定]をタップ。

例では名前を「ふれっぷ」としました。

Tasker taskの命名

タスク編集画面で[+]をタップ。

Tasker タスク編集画面

アクションのカテゴリー画面が開くので[プラグイン]をタップ。

Tasker プラグイン

アクションプラグイン画面が開くので[FRep]をタップ。

Tasker アクションプラグイン画面でFRep

アクション編集画面が開くので[設定]右の[ペン]アイコンをタップ。

Tasker アクション編集

FRep記録の管理リストから、Taskerで実行したい再生内容をタップ。

FRep記録の管理リストから、Taskerで実行したい再生内容

設定が完了したのでアクション編集画面左上の[戻る]ボタンをタップ。

Tasker FRep設定の完了

タスク編集画面で、リストにFRepショートカット項目が追加されていることを確認できれば完了です。

左上の[戻る]ボタンをタップするとタスク一覧画面に移動します。

Tasker FRepショートカット項目が追加

作成したTaskはProfilesタブで設定したイベントに応じて呼び出すことができます。

Tasker プロファイルで利用できる

まとめ

物理的なタップやボタン操作をプログラムできる高機能なFRepアプリは貴重な存在です。

さらに複雑なFRepの使い方が知りたい場合は、FRep 設定ツールをダウンロードした本家サイトで情報を入手してください。

Taslerなどの自動化アプリにタップなど物理操作を加えることができるFRepを加えると、アイデア次第で自動化の幅が広がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました