お得な入会キャンペーンいろいろ
PR

キッチンタイマーの修理方法

キッチンタイマーのボタンを修理する方法 生活
この記事は約2分で読めます。

キッチンタイマーのボタンを強く押さないと効かなくなってきた。

そのまま使っていると押しても反応しなくなるので、修理する方法です。

修理に利用した道具

キッチンタイマーは基板の故障以外は、ほとんどボタンの接点をちょいするだけで直ります。

キッチンタイマーの修理ではボタンに

  • アルミテープ
  • 導電ペイント

等が利用されますが耐久性や使い勝手がいまいちなので、最近は導電性粒子ゴムを利用しています。

https://amzn.to/3WvoHVa

導電性粒子ゴムをつける接着剤は セメダイン スーパーXクリア がオススメ

https://amzn.to/3XTyOEF

汚れの拭き取りには無水エタノール。除菌もばっちり。

https://amzn.to/3ZOXVu1

基板の清掃はコンタクトスプレーを使用しました。

基板の清掃はコンタクトスプレーを使用

接触不良の接点を回復させ、腐食を防止する接点復活スプレー

https://amzn.to/3XOeOTF

拭き取りはティシュペーパーでも良いですが、細かな紙粉を残したくないので産業用ワイパーの定番キムワイプを使用します。

https://amzn.to/3iVZ7uP

キッチンタイマーの修理作業

ボタンが効かないキッチンタイマーを直します。

キッチンタイマーの修理方法

ばらして

キッチンタイマーの分解方法

基盤のボタン部分をコンタクトスプレーで清掃。

キッチンタイマー基板の清掃方法

ボタン裏は無水エタノールとキムワイプできれいに油や汚れを拭き取った後、綿棒で セメダイン スーパーXクリア を塗布。

キッチンタイマーのボタンの修復方法

ピンセットで導電性粒子ゴムをのせてグッと押し込みます。これで乾けば完了です。

キッチンタイマーのボタンに導電性粒子ゴムを接着する方法

組み立て

接着剤が乾いたので組み立てました。

ボタンの押し心地は軽く触れただけで効くようになりました。修理が無事完了です。

リモコンとキッチンタイマーの組み立て

まとめ

キッチンタイマーの修理方法でした。

今までいろいろと試しましたが、最終的に導電性粒子ゴムで落ち着きました。

簡単で効果的な方法なんで、キッチンタイマーを買い換える前に試してください。

生活
りゅうをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
りゅう

普段の疑問を解決した方法が中心で書きたいことをどんどん書いてます。

りゅうをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました