くるみ 効能 摂取量

健康

くるみ1日の摂取量は約7個ぐらいです。(28g程度)

一般に販売されているむき生くるみ、一個の半分の LHP (ライトハーフピース) の場合は 14個 でクルミ約 7個 分となります。

基本安いところで購入しますが、ここで購入することが多いですね。

クルミ(カリフォルニア産)入荷いたしました。お求め易く新価格にて販売中です。こちらの商品はむき生くるみとなっておりますLMP商品(中粒)ではないのでごろごろとしたそのままのクルミをお届けいたします(尚多少の欠けや割れが混ざることはございますが味等には変わりませんのでご了承ください)たけしのみんなの家庭の医学などのレシピ...

初めての購入では むき生くるみ はそのまま食べて大丈夫かなと思いますが、むき生クルミ はそのまま食べても大丈夫でおいしいです。

推奨される食べ方も、調味なしでプレーンなものが良いそうです。

少し値段があがりますが、素煎り、ロースト、直火深煎り、焙煎、などの素焼きくるみは、サクっと香ばしく、クルミの味わいがギュっと濃くなります。

食パンに生クルミをおいて、オーブントースターで焼いてたべると、食感、香りともにおいしくいただけます。

クルミは貴族の美容食

清の西太后もクルミをすり潰して滑らかにしたクルミ汁子が好物でした。

その効果も多少あったのか、年を重ねても、髪や肌には潤いや弾力があり、長く政治で権力を握るほど脳が健康でしっかりしていました。

クルミの効果

脳の神経組織の元になったり、便秘にも効果があると言われている。が、体に良さそうぐらいの感じで利用するぐらいが良いと思う。

プラセボ効果やプラシーボ効果と言われる思い込み効果も期待。

オメガ3脂肪酸
心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満など生活習慣病予防
血液さらさら、血管しなやかで動脈硬化の予防
悪玉コレステロールと中性脂肪を軽減
メラトニン
眠りをさそう
ポリフェノール
アンチエイジング

胡桃の副作用

胡桃は優秀な食材ですが、摂りすぎると上記の効果が真逆の副作用として返ってきます。

また、100g で 673キロカロリー あるため摂りすぎると太ります。

くるみの一日の摂取量 28g 摂ると 約 188キロカロリー。

ちなみにご飯のカロリーは1膳 160g で 269キロカロリー。

当たり前ですが、何でも摂取しすぎると毒なんで、一日の摂取量は守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする