ヤフオクに出品中です。

photoshop 波の作り方

Photoshop 波の作り方Photoshop
この記事は約3分で読めます。

Adobe Photoshop Tips

Photoshopで波線を作る方法です。

波形の使い方

Webサイトやスマホの縦長ページで不要部分を省略表示。

波線を利用してWebページを省略表示

波線の下を塗りつぶして絵の波を表現。

Photoshopで波模様

変形フィルタを利用すると簡単に波線を作ることができます。

変形フィルター
Adobe Photoshop Elements で光彩拡散、置き換え、ガラス、ゆがみなどの各種変形フィルターを使用する方法について説明します。

波線の作り方

ツールボックス内[長方形ツール]を選択します。

Photoshop 長方形ツール

ドキュメントに波線の元となる長方形をドラッグして描きます。

Photoshop 長方形を描く

メニューバー[フィルタ]内[変形]の[波形]を押します。

フォトショ 波形

確認メッセージが開いた場合

  • 旧バージョン:「続行する前にシェイプレイヤーをラスタライズする必要があります。ベクトルマスクがなくなります。シェイプをラスタライズしますか?」は[OK]を押します。
  • 新バージョン:「このシェイプレイヤーは、あらかじめラスタライズするか、スマートオブジェクトに変換する必要があります。ラスタライズするとシェイプレイヤーとして編集できなくなります。」は[スマートオブジェクトに変換]を押します。

波形メニューが開きます。

フォトショ 波形メニュー

波形の調節

波数:規則的な波形を作るなら[1]に設定する

波長:波頭間の距離で最大数を減らすと波の数が増える。最小と最大のスライダーを同じ値に設定すると、波のパターンが一定になります。

振幅:上下間の距離で最大数を増やすと波の高低が増える

比率:元のオブジェクトから比率

波形の種類

  • 正弦波:正弦曲線の波形
  • 三角波:三角形の波形
  • 矩形波:四角形の波形

開始位置を乱数的に変化させる

ダイアログボックス内の一連の値に基づいて乱数的に結果を適用します。複数回クリックするとその効果を上げることができます。

未定義領域

変形しない部分の処理方法を指定します。

  • ラップアラウンド(巻き戻す):画像内の空間を、画像の反対側の内容で埋めます。
  • 端のピクセルを繰り返して埋める:画像の端に沿ったピクセルの色を、指定した方向に延長します。

波形の例

波形メニューの数値や種類を変更するとプレビューウインドウに反映されます。

フォトショ 波形のプレビューウインドウ

波数

波数に[1]を記入して[OK]を押すと、波形メニューが消えてオブジェクトに反映されます。

フォトショ 波数

波長

波長の最大を[120]から[60]に減らすと波の数が増えます。

フォトショ 波長

波長の最小[60]最大[60]のようにスライダーを同じ値に設定すると、波のパターンが一定になります。

フォトショ 波のパターンが一定

振幅

振幅の最大を[35]から[100]に増やすと波の高低差の幅が広がります。

フォトショ 振幅

波模様

波線を描いたあと、ツールボックス内[塗りつぶしツール]を選択して波線の下部分を押すと、波模様を描けます

フォトショ 波模様

まとめ

波線はWebページを省略表示できる便利アイテムです。

波線の切り抜きはこのページの方法なら波線レイヤーができるのでコピペで利用してください。

波線を利用して簡単に波模様も制作できます。波数など数値の変更でぐにゃぐにゃに加工することも可能です。

Photoshop
ryuをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ryu

普段の疑問を解決した方法が中心で書きたいことをどんどん書いてます。

ryuをフォローする
とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました