日本のニット職人が家族のために作ったまかないマスク

TwitterとWordPressを連携する

twitterTwitter
この記事は約3分で読めます。

ツイッターとワードプレスを連動するように設定して、ワードプレスの記事の更新をツイッターのタイムラインにツイートする設定です。

連携の仮定でwordpress.comが英語表記だったので日本語に変更しました。

Cocoonのテーマをtwitterと連携してwordpressからtwitterに自動投稿できるように説明します。

TwitterとWordpressを連携する

wordpressでJetpackプラグインを利用します。jetpackはインストールされている前提で説明します。

Jetpack by WordPress.com
統計情報、関連投稿、検索エンジンの最適化、ソーシャル共有、保護、バックアップ、セキュリティ、その他の目的に最適なプラグイン。

wordpressにログインします。

  1. 左カラム[Jetpack]内[設定]をクリック。
  2. 右カラム上メニュー[共有]内[投稿をソーシャルネットワークに自動共有]スイッチを[オン]にして[ソーシャルメディアアカウントを接続する]リンクをクリック

twitter jetpack

WordPress.comにログイン画面が表示された場合はログインしてください。

Wordpress.comにログイン

  1. 左カラム[ツール]内[マーケティング]をクリック。
  2. 右カラム上メニュー[連携]内「Twitter」の[連携]をクリック

Twitterの連携

Twitter/アプリケーション認証ウインドウが開いたら[連携アプリを認証]をクリック

Twitter アプリケーション認証

Twitterと連携中ウインドウが開いたら[連携]をクリック

Twitterと連携中

[Twitterと連携しました]ウインドウが開けばツイッターとの連携が成功です。

Twitterと連携しました

wordpress.comを日本語に変更する

Twitterと連携を英語表記でしましたが、わかりにくいので日本語に変更します。

  1. wordpress.comにログインした状態で右上の人アイコン[プロフィール、個人設定などを更新]をクリック。
  2. 左カラム歯車アイコン[Account Setting]をクリック
  3. 右カラムのInterface Languageの[EN English CHANGE]ボタンをクリック

English CHANGE

言語選択ウインドウが開いたら Asia-Pacific内[日本語]を選択して[Select Language]ボタンをクリック

Select Language

プロフィール画面で[Save Account Setting]をクリック

Save Account Setting

wordpress.comの日本語化が完了しました。

cocoonとツイッターを連携する

wordpressにログインします。

  1. 左カラム[ユーザー]内[あなたのプロフィール]をクリック。
  2. 下にスクロールして「連絡先情報」の「Twitter URL」の[記入欄にフォローリンクのURL]を記入して一番下の[プロフィールを更新]ボタンをクリック

プロフィールを更新

Twitter URLに記入するフォローリンクのURLは

https://twitter.com/intent/follow?screen_name=xxxxxx

[xxxxxx]にはツイッターのユーザー名を@マークで入れてください。例:

https://twitter.com/intent/follow?screen_name=ryutohaz

ツイッターとワードプレス(特にcocoonテーマ)を連携するように設定して、ワードプレスの記事の更新をツイッターのタイムラインに流す設定が完了しました。

記事を投稿する際には、右カラムの公開ボックス「パブリサイズ共有」があります。通常ではタイトルだけをツイートするようです。

パブリサイズ共有

せっかくなので[編集]をクリックして140文字まで記入しました。

140文字をツイート

「投稿の編集」を完成して[公開]をクリック

wordpressからtwitterへ自動投稿

wordpressからtwitterへ自動投稿も完了しました。

  • Cocoonのテーマをtwitterと連携してwordpressからtwitterに自動投稿できるようなりました。
  • おまけでwordpress.comが英語表記だったのを日本語に変更する方法も記載しております。
  • wordpressとtwitterの連携は早い段階ですまして置くのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました